茨城県日立市|歯医者|インプラント|矯正歯科|オールセラミック|審美歯科|入れ歯|歯周病
rss

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法(リラックス歯科治療法)

日本歯科麻酔学会専門医静脈内鎮静法とは、点滴法により、精神安定剤を静脈内に投与する方法です。鎮静されている患者様は、リラックスして、インプラント治療・歯科治療をうけられ、一度に多数のインプラントを埋入することが可能になるため、患者様はストレスや恐怖から解放されます。
 
宮井歯科医院では、3本以上のインプラントを同時に埋入する場合や、サイナスリフト・ソケットリフト(以上は上顎の骨が少ない患者さんへの追加手術)には、積極的に静脈内鎮静法を行っております。
 
静脈内鎮静法は専門外来になるため、麻酔専門医が当院で治療を担当する口腔外科・インプラント外来日の処置となります。当日は、モニター心電図を取りつけての全身状況を把握しながら歯科医師2名体勢でインプラント治療を行います。  
詳しくは、診療日のご案内を確認後、お電話にてご予約下さい。

ph11