茨城県日立市|歯医者|インプラント|矯正歯科|オールセラミック|審美歯科|入れ歯|歯周病
rss

O.A.Mインプラント

安心・安全なO.A.Mインプラント

ph08入れ歯があわなく、困っているが、インプラントの手術が怖いと考えている患者さんも多いと思います。そんな患者様にお勧めなのが大口先生の開発されたOAMインプラントです。副院長のDr.宮井はO.A.Mインプラントの公認インストラクターをつとめております。

従来のインプラントと異なる点は、ドリルの使用頻度が軽減されたことです。従来のインプラント法は、ドリルで骨に穴を開け、そこにインプラントを埋入していました。ドリリングの頻度を改善したのがこの当院で導入しているO.A.Mインプラントシステムです。欠点としましてはすごく硬い骨では適応とならない場合があります。

(写真は理事長・副院長の宮井の講演です。)

OAMインプラントシステムの利点

  • ドリルの使用頻度を下げられる
  • 安心・安全なインプラントである
  • 骨の幅を広げることができる
  • 骨の密度を高くできる
  • 不快な音や振動がない
  • 怖がりな患者さんには最適である

OAMインプラントシステムの欠点

  • 従来の方法より時間がかかる
  • 硬い骨には適応できない場合がある
  • ドクターが疲労する(患者さんには関係ありませんのでご安心ください)

O.A.Mインプラントシステムの治療手順

画像提供:Cyberデジタル・デンタルフラッシュ3(無断複製禁止) 

小さな穴をあける

小さな穴をあける
極細のドリル(直径0.3~0.5ミリ)で硬い骨に小さな穴をあける。

インプラントを埋め込む穴を作る

インプラントを埋め込む穴を作る
次に細いリーマー(手動のドリルみたいなもの)で顎の骨にインプラントを埋め込む穴を作る。局所麻酔が効いているので、痛くありません。

③穴を広げる

穴を広げる
次から大口先生開発の(オーギュメーター)で穴をひろげます。
骨の幅がなくても広がります。

更に穴を広げる

更に穴を広げる
オーギュメーターの太さを徐々に太いものにかえ、穴を大きくします。

更に穴を広げる

更に穴を広げる
使用するインプラントのサイズと同じ穴の大きさになるまで徐々に広げていきます。ドリルの使用はありません。時間は少しかかります。痛みや音はありません。

インプラントを埋入→人工の歯をかぶせる

インプラントを埋入→人工の歯をかぶせる
その後、インプラントを埋め込みます。
3か月~6か月待ち、インプラントが顎の骨と結合すると、人工の歯が入ります。

OAMインプラント開発者の大口先生とともに

ph09

安心・安全のために(ガイドデントによるインプラント10年保証)

当院では、インプラント治療の施術を行う患者様にガイドデントインプラント10年保証のご加入をお勧めします。これは、インプラントの保険だと考えて頂くと良いと思います。ただし、インプラントの保証料をお支払いして頂く必要があります。

《ガイドデントによるインプラント10年保証とは》
治療年数や実績、所属学会また治療設備や院内の体制、メインテナンス体制などインプラント治療にとって重要な90以上におよぶ審査項目によって、一定水準以上のインプラント治療を遂行する能力を有する歯科医療機関をガイドデント認定歯科医療機関とし、大切な患者様に安心・安全の長期保証システムをご提供いただいています。

《転居後も安心の全国ネットワーク保証》
「インプラント10年保証」は全国の主要都市にあるガイドデント認定歯科医療機関で「保証書」が有効となる業界唯一のインプラント保証です。ライフスタイルの変化にともなう転居、また歯科医院の移転・廃院にも柔軟な対応が可能です。

《第三者による公正で透明な保証制度》
「インプラント10年保証」は公平・中立な第三者の保証機関が関与することで、再治療に対する適正かつ迅速な審査が可能です。インプラントや人工の歯が破損した場合にも、スムーズなお手続きとすみやかな再治療をお約束します。

《10年という長期保証を確実にお約束》
「インプラント10年保証」はめまぐるしく変化する現代において10年という長期の保証を確実なものとする目的で「第三者関与のしくみ」を導入し、保証機関内におけるリスク分散のために海外の再保証会社で再保証するなど、保証の安全性そのものを高める工夫をしています。

※定期メインテナンスの受診が、長期治療品質をお約束するための必要条件となります。
※詳しい内容は、インプラント治療時にパンフレットをお渡ししております。